fc2ブログ

M*M Blog

日々のmurmur・・・コメント・TBはスパム多いため承認制です。
ポビーとディンガン
行ってきました~!!

はるばる恵比寿まで「ポビーとディンガン」探しに!!

もう最後は号泣です!!

最初は「うーん」と見ていたのですが、
アシュモルの一生懸命さにどんどん
心打たれて最後は気づかない間に
涙・・・(ノ_δ。)

オパールに夢を託す父。
その生活に疲れた母。
空想の友達を大事にする妹。

ちなみに原題は[Opal Dream]というそうです。
オパールにたくす夢・・・という感じでしょうか。

とにかく、アシュモルは家族のためにいつも
一生懸命です。

お父さんのオパール探しを手伝い、励まし、
生活に疲れたお母さんを気遣い、
妹の見えない友達「ポビーとディンガン」を
探すために夜の洞窟にもぐりこみます。

ポビーとディンガン、目に見えない親友を否定されて
弱っていく妹を助けるため・・・

オパールも二人が実在した証拠。

最後は推測ですがケリー・アンもポビーとディンガンの
元へ行ったのではないでしょうか??

作品ではその部分はなかったので私のあくまで予想ですが。

目に見えない何かを信じる事。

それをポビーとディンガン、ケリー・アンは伝えたかったの
ではないかな?

スポンサーサイト



thame:オススメの映画 genre:映画
Cinema | トラックバック(1) | コメント(3) |permalink
<< ミスター&ミセススミス | home | 超イケメン女たらし。 >>
Comment

管理者にだけ表示
おいらもそれみたいんだよー。
DVD待ちかなぁ。。
2006/01/12 Thu| URL | 優風 [ edit ]
ゼヒゼヒ!!超オススメだよぉ。。。

DVDはいつ出るんだろうね・・・単館は出るのが半年以上かかるときあるからなぁ。
2006/01/13 Fri| URL | ako [ edit ]
アシュモル兄ちゃんの健気さに涙が止まりませんでした。ホンワカ優しい気持ちになる作品でしたね。Tb失礼します。
2006/01/13 Fri| URL | あん [ edit ]
Trackback
ポビーとディンガン

僕達は幸福です、ふたりは生きたんですからお葬式の挨拶でこんな風にいえるなんて素敵です{/kirakira/}死んでしまった事を悲しむより、生きた事を喜ぶ{/hearts_pink/}すばらしい発想の転換これから先亡くなった人を見送る時いつもこの言葉を胸に刻みたいとおもいました。お
あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ | 2006/01/13 Fri |
| home |