M*M Blog

日々のmurmur・・・コメント・TBはスパム多いため承認制です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
千畳敷カールで高山病
(*。◇。)ハッ!

気づいたらもう前回更新から1か月もたってしまいましたカール

9/18-19の1泊2日の山行です
台風が近づいていたのでギリギリまで悩んでいたのですが、
晴れ女+男パワーでなんとかなるという楽観的な感じで決行

朝7時のバスに乗り駒ヶ根ICへ。

連休真ん中でも若干混雑していて結局着いたのが2時間遅れの12:30頃
この時期のロープウェイは1-3時間待ちと聞いていたので、山荘まで着くか
不安だったけれど、結局ロープウェイは1時間弱で乗れて14:00前に着くことができました

ロープウェイを降りると、もうすでにそこは標高2600mカール2

山荘着が遅くなりそうなのでとりあえず心配かけないように事前に連絡

富士山以外に高山病なんて聞かないので、全然気にしなかったのですが、
登り始めたら私だけ高山病の症状が・・・
頭痛・吐き気ではなく肺が縮んだように呼吸困難のような症状で
数分歩いたら、数分休み・・・とのろのろと進みました(*_ _)人
途中で私だけ下山も考えたのですが、一人で下山は危険、また症状が軽かったので
約1時間かけて乗越浄土へ

こっからは比較的ゆるやかな登り、下りを繰り返しながら、
今回お世話になった木曽駒山頂小屋へ。

横目で宝剣岳・・・
宝剣

この時、まさか自分が翌日宝剣行くとは思いませんでした

結局山小屋着いたのは17:00近く。
着いてからすぐに日没を見て、夕飯。

夕焼け

前日の天気のおかげで、満点の星空~

星空
同行者さんから写真をいただきました

thame:登山 genre:スポーツ
登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
タイ旅行記①
お盆休み(というか有給)使って行ってきました(●⌒∇⌒●) ♪

日目

7:00前にを出発


浮遊する尼さんを5分ほど見学
ぷかぷか浮きながら姿勢を変えるだけでした。


そのお寺にある展望台へ
いくら山によく登っていると言えどキツイものはキツイんです

上には洞窟があり、中でお参りもできます

その後「戦場にかける橋」の舞台となったカンチャナブリーへ

その後30分間の象さんタイム


川の中に入って・・・という話だったのですが、写真を撮るために
ちょこっとだけもうちょっとざぶざぶ行ってほしかったです


その後イカダに乗って川をぐるっとプチ周遊
子供たちは仕事なんだか遊んでるんだか


こちらが舞台となった橋


橋の上を歩けます歩いていくとミャンマーに着くそうです

今回は近場をぶらぶらしつつ、タイ風ビュッフェのレストランで一休み

14:30の電車でバンコクへ帰路の旅へ


風をきって走るのでとっても気持ちいい


thame:タイ・バンコク genre:海外情報
Travel | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
涼を求めて@棒の折山
bou2011


夏山登山なんてするもんじゃないと思うのですが
棒の折は沢トレッキングしながら登るので、マイナスイオンがとっても気持ちいい山です

飯能駅に9:00集合

バスにてさわらびの湯(約45分)

棒の折れ登山口

さわらびの湯(入浴料:800円)

さわらびの湯のバス停終バスは17:59ですが、15分ほど歩くと違うバス停があり
19:30のバスがあるので、ゆっくりできます

山の後に温泉がないと行く気もでません・・・

サクサク行けば2時間ちょっとで登れる山ですが、なにせ体力ないんで・・・(´-∀-`;)
3時間かけてしまいましたいつもご迷惑かけてます(笑

最初の沢登は楽しくて、サクサク行けたのですが
途中から始まる階段と急坂の攻撃には参りました・・・

山頂も冬場なら、もっと景色がいいんだろうけれど、
見事にガスってて・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
thame:山登り genre:趣味・実用
登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
5/1にヨーロッパにいるんもんじゃない@グラナダ
(*゚ロ゚)ハッ!!
既にもう2カ月以上たってます

今更書いても仕方ないのは分かっていますが、旅の記録はほとんど
Blogに残しているので、書いておきます


Paradorチェックアウトギリギリまで、ベランダにてボ───( ゚ ρ ゚ )───っと
して過ごし、マドリッドへ戻るスーツケースをPickupして、グラナダまで5時間のバス旅行

飛行機だと1時間だけれど、結局チェックインやらの時間考えたらたいして変わらないという
アドバイスをいただいたので、バスにしました。トレド→グラナダの路線があれば一番よかったんだけど

今回はグラナダの日本人宿に2泊
なんだかんだで日本人宿って安心します

20:00頃に宿に着いたのですが、バスで5時間ほぼ爆睡していたので、
無駄に元気でしたオーナーにそんな話をしたら、夜景+フラメンコツアーがあるというので、
急遽入れていただくことになりました


小型バスで登っていくと、目の前に夜景がっ
若干が多いけれど、テンションあがります

そして、今回フラメンコ鑑賞の洞窟レストラン(?)に連れて行かれますが、
観光客用なのか、30分近く待たされますしかも、雨が降ってくるし、((´д`)) ブルブル…

やっと中に入るとやっつけ仕事的にショーが始まります・・・


彼が店の目玉君みたいです。
洞窟型なので、とにかく近いし迫力がある

ショーに出ていた女性ダンサーさんたち。
なかなかご立派な体格でして・・・横あたりにポヨンとお肉がはみでちゃってます。
かなり気になります。一緒に同行した方と話した結果

彼女たちは踊る以上に食う

ということ。しかも年齢層も高めで・・・やはりスペインの美味しい食事が源なんですかね。


オ・レィっ


thame:スペイン genre:海外情報
Travel | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
谷川岳山開き!
谷川岳の山開きに行ってきました
なんとこの日だけ夜行が復活
23:33上野発→02:30頃だったか土合駅に着き、歓迎を受けます
眠いせいかぶれてるしー。・゚・(ノД`)・゚・。

山開き2011
ちなみにこの駅、なんと出口まで450段の階段を登らなければ出れません
登山の前に心臓破りな階段です

04:00~神事があり、05:00のロープウェイで谷川岳へ
私の勉強不足だったのですが、谷川岳は日本3大岩山の一つで、
1時間くらい尾瀬のような気持ちいい道を歩いた後、地獄のようなロッククライミングが始まります
念のため100均の軍手持っていったのですが、よかったε-(´▽`) ホッ
ちなみに今回デビューなストック君は、しばらくザックの中に

残念ながら、かなりガスってましてほとんど何も見えないのですが、
風が吹いた後の3秒(笑)くらいちょこっと尾根が見えたりします

谷川岳2011
いい眺め~

頂上近くはまだ残雪
残雪2011
これがかなり滑る・・・
行きはなんとかなったけれど、帰りは転んだついでにお尻で滑ってしまいました
後ろの方々ごめんなさい・・・| 柱 |ヽ(-´ω`-。)反省

谷川岳はなんと山頂が2つあって、その間(地図によると)10分ですが、私たちは2-30分歩きました。
ペースが遅いのかな(´-∀-`;)
谷川岳山頂

山頂のうちの1つ。あとちょっとで2000m~

thame:登山 genre:スポーツ
Travel | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
back | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。